長野県松本市 中の湯温泉 卜伝の湯

乗鞍高原をあとにして、奥飛騨温泉へ向かいます。
その途中で、前からちょっと気になっていた温泉へ寄ることにしました。
長野県松本市にある、中の湯温泉 卜伝の湯です。

R158を走ってくると、上高地への入り口である釜トンネルと、奥飛騨へ抜ける安房トンネルとの分岐点にある温泉です。

20140517_長野県松本市_中の湯温泉 卜伝の湯11r

泉質 単純温泉と単純硫黄泉の混合?
料金 700円
営業 07:00~18:00ぐらい?


地図


交差点を左折し安房トンネルへ向かう橋を渡ったところにひっそりと?建っています。
20140517_長野県松本市_中の湯温泉 卜伝の湯13r
この「卜伝の湯」、建物の横に「塚原卜伝の湯」と書いてあるとおり、その昔戦国時代の剣豪である「塚原卜伝(Wiki)」が修行中に浸かったと言われているそうです。

ここに入るには、まず橋の反対側にある中の湯売店に行って入浴料を支払うのですが、交差点から上高地側へはマイカー規制で止められるので、ガードマンに卜伝の湯に入浴する旨を伝えます。
そうすると売店の前までは入れてくれるので売店の前に車を停めて中で入浴料を支払います。
この時、売店の前に車が停まっていれば、先客がいると思われるので待ち時間ができると思ってください。

まあ、30分制なのでそんなには掛からないと思いますが・・・

入浴料を支払うと店の人と一緒に歩いて橋を渡って行きます。 そこで鍵を開けてもらって入るのですが、入っている時は中から鍵を掛けてと言われました。

外から見て分かる通り、中は結構手狭です。
20140517_長野県松本市_中の湯温泉 卜伝の湯01r
ここで服を脱いでいよいよ浴場へ入ります。

階段を降りて行った先にあるのですが
20140517_長野県松本市_中の湯温泉 卜伝の湯02r

右側の窓から川を見下ろせます。
20140517_長野県松本市_中の湯温泉 卜伝の湯04r
雪解けの水なので、とても冷たそうです。

階段を降りて左に回り込んだ所に浴槽が有ります。
20140517_長野県松本市_中の湯温泉 卜伝の湯07r
簡単に言うと、洞窟風呂です。 洞窟の中に1.5m*3m程の浴槽があり、真ん中に板が渡してあってそこに置いたホースから源泉が流し込まれているようです。 また、浴槽の奥の底からも湧いているらしいです。
なので、実際に入れるスペースは1.5m*2mぐらいでしょうか。

お湯は無色透明であっさりとしていて、ぬるめなのでじっくりと浸かれました。
ただ、他のブログを見たところ、白濁していたり熱かったりすることもあるようなので、その時期や源泉と地下水の混合具合等で変わるのかもしれません。

ただ、洞窟風呂ということで、結構天井からの圧迫感が有ります。
20140517_長野県松本市_中の湯温泉 卜伝の湯09r
もし、ここで地震があったらと心配になってしまい、せっかくのぬるめのお湯ですがゆっくりと浸かっていることはできませんでした。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

アルシラート

Author:アルシラート
温泉とドライブが好きなので、安直にそのままタイトルに・・・

写真は新潟県にある 蓮華温泉 薬師湯です。

※掲載の感想は個人的に感じたものです。
※掲載のデータは間違いがあるかもしれませんので、訪問の際は各人にてご確認をお願い致します。

ブログ内検索
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近のコメント
最近の記事
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最近のトラックバック
RSSフィード