岐阜県高山市 新穂高温泉 ひがくの湯

卜伝の湯を出た後は、奥飛騨温泉方面へ抜けるのですが、安房峠はまだ冬期通行止めなので安房トンネルを抜けて平湯温泉へ。
そのまま通りすぎてやってきたのが岐阜県高山市にある、新穂高温泉 ひがくの湯です。

20140517_岐阜県高山市_新穂高温泉 ひがくの湯02r

泉質 単純温泉
料金 700円
営業 09:00~19:00(5・7~10月は時間延長有)
    不定休


地図

新穂高ロープウェイへ向かう道で、前に泊まったことのある宝山荘別館を過ぎたすぐ右側にあります。

ここのお風呂の特徴は露天風呂しか無いことです。
20140517_岐阜県高山市_新穂高温泉 ひがくの湯03r
まあ、露天風呂自体が結構広くて困ることはそんなに無いかと思います。
洗い場もあるので山登り帰りの汗を流すのにも安心です。

お湯は単純温泉ということで肌に優しくゆっくりと浸かれます。
また、ここの温泉は豊富な湯量を利用して、掛け湯や洗い場のカランも温泉を利用しています。

男湯の方には上の写真の真ん中にある扉から出て行った先に「登山の湯」と言うもう1つの露天風呂があります。
20140517_岐阜県高山市_新穂高温泉 ひがくの湯04 登山の湯r
こちらの方は岩で囲んであるだけなので開放感に溢れています。 (ここで立っていると、道路から見られてしまうほどに・・・)

また、ここに来るのも駐車場の一角に板囲いした通路を通ってくるので、見られることはないと分かりつつも、ちょっとドキドキしながら歩くことになります。
20140517_岐阜県高山市_新穂高温泉 ひがくの湯18 駐車場r
この写真で言うと、「ゆ」と書いてある部分が通路で、その左で車に挟まれた間にある高台の板囲い部分が「登山の湯」です。

さすがに取ってつけたような風呂なので、あとから増築したようで
20140517_岐阜県高山市_新穂高温泉 ひがくの湯19 google
Googleのストリートビューで見ると最初は無かったことが分かります。

そして風呂から向かい側の山を見上げると、そこには錫杖岳を望むことができます。
20140517_岐阜県高山市_新穂高温泉 ひがくの湯13 錫杖岳r

望むことができるはずなんですが・・・
20140517_岐阜県高山市_新穂高温泉 ひがくの湯08 錫杖岳r
残念ながら雲に隠れて見ることができませんでした。

また、こちらの温泉でイベント的な感じで「うまい棒の食べ放題」をやっていました。
湯上がりにうまい棒を食べまくることができるのですが、喉が乾いてそんなに食べることはできませんね。
あくまでも食べ放題なのでその場で食べてください、持ち帰るのはダメですよ。

ただ、このイベントは目標本数が決まっているようで、その内に終わってしまうかもしれません。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

アルシラート

Author:アルシラート
温泉とドライブが好きなので、安直にそのままタイトルに・・・

写真は新潟県にある 蓮華温泉 薬師湯です。

※掲載の感想は個人的に感じたものです。
※掲載のデータは間違いがあるかもしれませんので、訪問の際は各人にてご確認をお願い致します。

ブログ内検索
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近のコメント
最近の記事
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最近のトラックバック
RSSフィード