スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大分県豊後高田市 天念寺岩峰群と無明橋

2017/5/1

川中不動と 天念寺 を見た後は、いよいよメインイベントです。
大分県豊後高田市にある、天念寺岩峰群と無明橋 です。

20170501_大分県豊後高田市_天念寺岩峰群と無明橋04r

料金 無料
営業 無休
駐車場 付近の「鬼会の里」か「天念寺」の駐車場を利用


地図


車を停めさせていただいた鬼会の里ですが、お蕎麦屋さんが中に入っているので昼食をいただくことにしました。
注文したのは「ざるそば(700円)」です。
写真は撮り忘れたのですが、とても美味しかったです。

さて、タイトルにある「無明橋」ですが、どんな物かというと最初の写真にも写っています。
車が停まっているあたりから上の方を見ていくとあるのですが、小さくて見難いのでズームアップしてみたのがこちらです。
20170501_大分県豊後高田市_天念寺岩峰群と無明橋05r
崖の上に橋が掛かっています。

こちらが岩峰群のコース図になります。
20170501_大分県豊後高田市_天念寺岩峰群と無明橋02r

さて、いよいよ登り始めることにします。
鬼会の里 の右横から登山口があります。
20170501_大分県豊後高田市_天念寺岩峰群と無明橋12r

登山口にある注意看板です。
20170501_大分県豊後高田市_天念寺岩峰群と無明橋13r
かなり危険なので自己責任となっています。

登っている途中にある岩屋です。
20170501_大分県豊後高田市_天念寺岩峰群と無明橋15r

それぞれに石仏が置かれています。
20170501_大分県豊後高田市_天念寺岩峰群と無明橋17r

それなりに看板もあるので迷うことはないかなと思います。
20170501_大分県豊後高田市_天念寺岩峰群と無明橋19r

進んでいくと見えてきたのが鎖場です。
20170501_大分県豊後高田市_天念寺岩峰群と無明橋20r

鎖場を登ったところにも石仏が
20170501_大分県豊後高田市_天念寺岩峰群と無明橋21r

右に回り込んだ所に、小さな石橋と鎖場がありました。
20170501_大分県豊後高田市_天念寺岩峰群と無明橋22r

それを登るとすぐに今度は下りの鎖場です。
20170501_大分県豊後高田市_天念寺岩峰群と無明橋23r

鎖場を降りたところにある案内板です。
20170501_大分県豊後高田市_天念寺岩峰群と無明橋24r
ここは、無明橋の方へ向かいます。

暫く進むとまた鎖場がありますが、これを超えるといよいよ無明橋があります。
20170501_大分県豊後高田市_天念寺岩峰群と無明橋25r

下の方を見ると、鬼会の里 が遥か下に見えます。
20170501_大分県豊後高田市_天念寺岩峰群と無明橋26r

ようやく到着した無明橋です。
20170501_大分県豊後高田市_天念寺岩峰群と無明橋29r
崖の所に無造作に石積みの橋が組んであるように見えます。
見ての通り、手すりも何も無いので渡るのに勇気がいります。

橋のところをパノラマで
20170501_大分県豊後高田市_天念寺岩峰群と無明橋28_パノラマr

橋の向こうにあるお堂です。
20170501_大分県豊後高田市_天念寺岩峰群と無明橋31r
ここでUターンとなります。

橋を反対からも見てみます、
20170501_大分県豊後高田市_天念寺岩峰群と無明橋32r

橋を渡る様子です。
[広告] VPS

風が止んだ時を狙ってへっぴり腰で渡ってます・・・

橋の横を覗いてみるとかなり切り立った崖になっています。
20170501_大分県豊後高田市_天念寺岩峰群と無明橋33r

無明橋から戻り、先程の鎖場を降りたところの案内板へやってきて、今度は左側のルートへ進みます。

その先にもこのような道が待ち構えています。
20170501_大分県豊後高田市_天念寺岩峰群と無明橋35r

天念寺と、山の裏側にある無動寺のぶん機です。
20170501_大分県豊後高田市_天念寺岩峰群と無明橋36r
ここは素直に天念寺側へ進みます。

その先に、案内板が地面落ちていました。
20170501_大分県豊後高田市_天念寺岩峰群と無明橋37r
ん? ここから無明橋?
なんでだろうと思ってそちらを見てみると

写真ではわかりにくいですが、岩山に鎖が掛かっていました。
20170501_大分県豊後高田市_天念寺岩峰群と無明橋38r
裏側から攻める感じなのでしょうか?

とても行く勇気は湧きません。 そのままスルーします。

20170501_大分県豊後高田市_天念寺岩峰群と無明橋39r
後は消化試合的な感じで降りていくだけです。

色々と写真を撮ったりしながらだったので、グルっと回ってほぼ1時間でした。

今回の標高グラフです。
20170501_大分県豊後高田市_天念寺岩峰群と無明橋_グラフ
鎖場などで局所的に垂直移動がありますが、その他はそんなにキツくはない感じです。

今回のルートです。
20170501_大分県豊後高田市_天念寺岩峰群と無明橋_ルート
いまいち実感はなかったのですが、こうしてルートを見るとクロスしている部分があるのですね。

もし行かれる場合は、気候や体調など色々と気を付けて下さいね。
落ちたら確実に死ねます。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

アルシラート

Author:アルシラート
温泉とドライブが好きなので、安直にそのままタイトルに・・・

写真は新潟県にある 蓮華温泉 薬師湯です。

※掲載の感想は個人的に感じたものです。
※掲載のデータは間違いがあるかもしれませんので、訪問の際は各人にてご確認をお願い致します。

ブログ内検索
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最近のコメント
最近の記事
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。